· 

2019年 新年のご挨拶

【2019  新年のご挨拶】


新年あけましておめでとうございます。

旧年中はたくさんのご支援・ご声援をいただき、誠にありがとうございました。

トップチームとしましては、新体制2年目の昨年は、関西リーグ優勝と飛躍の年ではありましたが、JFL昇格は出来ずご支援・ご声援頂いた皆様には大変申し訳なく深く反省しております。

その中でクラブも残留を望んだ選手が「もう一度、地域チャンピオンズリーグで借りを返したい」と多く残留してくれました。

これも日々彼らを支えてくださっているスポンサー様、パートナー様、サポーターの方々、市民の方々の愛情からなるものだと感じております。

2019シーズンは新監督を迎え、新たな戦力補強をし、バンディオンセ加古川に関わる皆様の思いを花開かせるために努力してまいります。

昨年のトップチームの飛躍と共に、育成組織の充実、ホームタウン活動の定着・密着・拡大を更に幅を広げるべく地域クラブとして活動致します。

そして、地域チャンピオンズリーグで出た課題にしっかりと向き合い、JFL昇格、Jリーグ入りを目指すに相応しいクラブになるべく真摯に取り組んでいきたいと思います。


社会問題でもありますようにいま全国では、地域の過疎化、人手不足、人材不足と言われています。昨年は全国版のメディアにも取り上げて頂いたように、バンディオンセ加古川の選手が地元企業で働く事で地域の支えになっている等と取り上げて頂き、沢山の企業で現在雇用頂いております。今後も地域と共に歩み、様々な形で地域の課題も皆様と共に向き合っていきたいと考えております。

3年目を迎える2019年も、クラブヴィジョンをしっかりと描きクラブコンセプトの下、バンディオンセ加古川に関わる人々が心豊かに成長できるクラブを目指してまいります。

引き続き、温かいご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

 

バンディオンセ加古川 

代表 大塚靖治